見る・楽しむ
ホーム見る・楽しむ自然・景観 > 浄土ヶ浜

浄土ヶ浜

浄土ヶ浜陸中海岸国立公園の中心をなす浄土ヶ浜は、宮古の代表的な景勝地。
鋭くとがった白い流紋岩が林立し、一つ一つ違った表情を見せて海岸を彩ります。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストはまさに一見の価値あり。
浄土ヶ浜の地名は、天和年間(1681から1684)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。
 

宮古市鍬ヶ崎第7地割字臼木32番地ほか
宮古駅から車で10分 第1・第2・第3駐車場から徒歩約15分       
宮古駅からバスで20分 バス停奥浄土ヶ浜下車すぐ
第1駐車場 乗用車94台、バス18台
第2駐車場 乗用車128台
第3駐車場 乗用車136台
・一般車両の乗り入れについて
4月から10月までは第1駐車場から奥浄土ヶ浜への車道は、許可車両・タクシー・大型バス以外の一般車両の乗り入れはできません。また、夜間(18:00から8:00)は年間を通じて乗り入れできません。 
 障害者や高齢者で歩行が困難な方が乗車している場合は、浄土ヶ浜第1駐車場奥の係員に申請すれば通行許可証が発行され、車両の乗り入れができます。詳しくは、市観光港湾課(0193-68-9091)へお問い合わせ願います。