スタッフブログ
ホームスタッフブログ > 練習船「神鷹丸」出港、帆船「日本丸」寄港

練習船「神鷹丸」出港、帆船「日本丸」寄港

2015年7月30日

27日に寄港した東京海洋大学の練習船「神鷹丸」が本日30日に出港しました。
お見送りセレモニーでは宮古工業高校太鼓部の演奏と共に多くの方々に見送りました。
   


また先日29日には「三陸俵物(たわらもの)」積込セレモニーが行われました。
これは宮古港開港400周年を記念して、「三陸俵物」が東廻り航路で江戸へ移出されていた歴史にちなんで海路による移送の再現に協力する事業です。

   

今回は移送するのは
・南部鼻曲鮭の新巻 ・乾鮑(アワビ) ・煎海鼠(ナマコ) ・干しするめ ・昆布 ・若布 ・鮭中骨缶詰


また、みやこ芸団連による「サーモンダンス」も披露され、積込セレモニー終了後は船内見学が行われました。
 


神鷹丸が出港後、帆船「日本丸」が寄港しました。
 
日本丸の船首像は宮古産の木材を使用した所縁のあるものです。

 
歓迎セレモニーではMDSのダンスが軽快に出迎えました。

 

日本丸は夜もライトアップされていますので、立寄ってみてはいかがでしょうか?