スタッフブログ
ホームスタッフブログ > まちなか復興祭です。

まちなか復興祭です。

2014年10月13日
10月12日、13日の両日宮古市末広町商店街~中央通り商店街で
「宮古まちなかウルトラ復興祭」が開かれました。

会場の末広町~中央通の歩行者天国は多くの人で賑わっていました。

10月12日。私たち観光協会の面々はJR盛岡駅からやってくる列車「復興市号」のお出迎えです。
さんまのすり身汁も振舞います。午前11:20頃列車が到着。

お出迎えの準備は万端です。すり身汁も準備OK。  復興市号到着。わんこ兄弟がペイントされて
                                います。               



さんまのすり身汁のお振る舞いです。みなさん
美味しそうにほおばっていました。実際私も
味見をしましたがおいしかったですよ。


さて、会場ですがもっとも人手が多かったと思われる「福田こうへい」さんのステージは、12日の
午前中だったので残念ながら見る事ができませんでした。協会への電話の問い合わせも結構あり
午前中会場へむかう方も多かったので会場は人でいっぱいだったのではないかと思われます。


というわけで、列車のお見送りが終わった14:00頃会場に出かけました。



この時間でも人通りは多かったです。        宮古商高のゆるキャラ「まいどチャン」宮商生
青空にフライ旗よく似合います。           と一緒にはいチーズ。


復興祭のもう一つの目玉は「盛岡さんさ踊り」「仙台すずめ踊り」のパレードです。
まずは、「盛岡さんさ踊り」。



伝統さんさの衣装のようです。             見よ、華麗なバチさばき。

盛岡の土淵や山岸などの伝統さんさの団体の方が参加してくださったようです。

次は仙台の「すずめ踊り」私も初めて見ます。



お囃子が賑やかで、踊りも軽快です。        いなせなはっぴ姿。かっこいいですね。

踊り手がちょこちょこと踊りまわることからこの名前がついたとか。伊達家の家紋も関係あるかも
しれませんね。竹に雀ですし。毎年5月の青葉祭りで踊られるそうです。


その他にも、各店舗の100円コーナー、出店や移動店舗など、ステージでは神楽や剣舞などの
郷土芸能、宮商生による物販もありました。子どもたちには縁日コーナーは人気でした。宮古の
商店街が活気を取り戻したと感じた一日でした。