スタッフブログ
ホームスタッフブログ > 宮古の「にしん」を知ってもらう会

宮古の「にしん」を知ってもらう会

2010年3月11日

 3月11日宮古市民総合体育館 3F ミーティングルームで行われた宮古のニシンを知ってもらう会に行ってまいりました。

今年から宮古市のPR事業の一環として、「宮古のニシン」をこれから販売促進するということで、いろいろお話を伺ってきました。

まず、、宮古のニシンは臭みがなく、身もしっかりしています。
ニシン本来のうまみ、食感を楽しんでいただけるこれからの厳選素材になりえます。


宮古はニシンの稚魚放流は日本一で、藻場と干潟の豊かな環境が
育んだニシンなのです。こういった取り組みは農林水産大臣賞を受賞
するほど評価され、今後もニシンに関する研究をより力を入れていくそうです。
こういった生産者のこだわり素材をよりよくお召し上がりいただくために、
ニシンを使ったお料理をご紹介していただきました。


宮古のにしんを使用した料理の紹介


   春告げ〆にしん           にしんのバッケ味噌焼                       
   (小須賀商店)            (無礼講)               


   にしんの南蛮漬け             縄文漬け(多良間の黒糖を使用)
      (無礼講)             (山根商店)  


今回試食用として提供していただいた料理は、どれも美味しくて、参加した方々も満足そうでした。
これからも宮古の「にしん」をよろしくお願いします。