スタッフブログ
ホームスタッフブログ > 2015年5月

今日は「宮古市森づくり体験学習会」が、区界の市有林地内で行われました。

東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社様より寄付していただいた、ミズナラ 200本にアカエゾマツ 400本の苗木を「川井小学校森林愛護少年団」や「かぶと森林愛護少年団」、「川井中森林愛護少年団」の子どもたちも参加し一緒に植樹しました。

 
 

今の時期の浄土ヶ浜

2015年5月28日
今年は暑い印象を受けた5月も、もうすぐ終わりです。

そんな中、これから夏に向けて移り変わっていく浄土ヶ浜周辺を撮影しに行って来ました。


まずは浄土ヶ浜大橋から望む、蛸の浜と太平洋、日出島。

近くの剛台展望台とはまた違った絶景で、よくここから景色を眺めている人を見かけます。
個人的にも大好きな絶景スポットです。
※大橋で車を停めて眺めるのはご遠慮ください。


次に向かったのは、浄土ヶ浜のお台場展望台。
 
ここから眺める奥浄土ヶ浜や閉伊崎と共に見える血の池が綺麗です。
今日は前回訪れた際と違い、ツツジは散ってしまって、すっかり夏の装いとなっていました。
 


砥石浜では、澄んだ水と白い石が綺麗です。


 
ゴールデンウィーク中は多くの人々で賑わっていた奥浄土ヶ浜ですが、今日は少し静かです。



ウミネコたちもゆっくりお昼寝のようです。



今の時期は静かな雰囲気の浄土ヶ浜ですが、ゆっくりと散策でき、こんな絶景も独り占めできます。

この際にゆっくりと訪れてみてはいかがでしょうか?


隠れミッキーならぬ、隠れジョーズもいますよ♪


5月24日(日) に 「たろう大漁まつり」 が開催されました。


開会セレモニーでは、餅まきも行われました。
 


神事を執り行った後、黒森神楽を高校生が踊り、
 


震災以降は中断していた伝統の引き船海上パレードも復活し、5年ぶりに色鮮やかな大漁旗を海に掲げ、海の安全と大漁を祈願しました。
 


ステージも盛り上がり、2回目の餅まきで祭りを締めくくりました。
 

 

とても暑い一日でしたが、来場した方々や運営スタッフ、出演者の心も熱く、田老地区の復興の兆しが見れる祭りとなりました。


5月16日の今日は「いわて観光の日」です。

宮古市では、この「いわて観光の日」を広く市民・県民の方々に知っていただくため「宮古市1万人大清掃会」と題し、観光客の方々を清々しい気持ちでお迎えするために市民の方々をはじめ、自治会や町内会、各事業所、各団体の方々と各地区で清掃活動を行いました。

写真は浄土ヶ浜での清掃活動の様子です。

 

 


観光情報誌の取材情報で浄土ヶ浜マリンハウスで8人乗りのサッパ船が登場したと聞きまして、取材に行ってきました!

 

通常のサッパ船(乗客2人用)と比べて大きい分、より安定感がありました!
もちろん青の洞窟にも入れます。

 

もうひとつ大きな違いが・・・・!!



そうです!!
船と併走して飛ぶウミネコの数が圧倒的に多いことに驚きました!
どうやら乗船人数にウミネコの数が比例するようです。
通常のサッパ船では2人までしか乗れなかったので、今後は家族みんなで乗れますね!

浄土ヶ浜マリンハウス様、ご協力ありがとうございました!

浄土ヶ浜の海を取材したので、今度は臼木山へ!
足腰に自信のある若者?2人で登ってきました。
第一駐車場からの登山道・・・『けっこう急斜面だよね』・・・『はい・・・。』



のぼりきると綺麗な満開のつつじがお出迎えしてくれました!登ってみる価値ありです。

 

浄土ヶ浜、やはり海だけじゃないですね!

その後は御殿場展望台と剛台展望台で写真撮影。

 

その他にも特集いろいろ!
浄土ヶ浜の魅力がたっぷりの 『浄土ヶ浜通信 夏号』 お楽しみに!(6月中旬発行予定)